【競艇のプロフェッショナル】競艇予想プロの着眼点・舟券の買い方を紹介!

  1. 競艇雑記
  2. 39 view

【競艇のプロフェッショナル】競艇予想プロの着眼点・舟券の買い方を紹介!

今回は、競艇で食べている競艇予想プロがどこに着眼点を置き、どのように舟券を買っているのかを紹介していきます!

予め言っておきますが、競艇で生計を立てているプロ達も必ずどんなレースでも的中できているわけではありません。

的中できない時があっても、腐らず焦らず細かい勝利を積み重ねているからこそ競艇で稼ぐことができているのです!

競艇予想のプロがどんなところをポイントにして舟券を買っているのかを解説していくので、限りなく勝ちに近づける舟券の買い方を知りたい方は是非最後までご覧ください!

舟券を買う際のプロの着眼点


競艇予想のプロと呼ばれる人達は、多種多様なデータを参考にして的中できる舟券を見つけ出しています。

そんなプロ達がどこに着眼点を置いて舟券を買っているのか、解説していきます!

競艇場の特徴を分析して堅いレースを見極める


競艇予想のプロは、データを分析してレースの荒れる要素を極力回避しながら、堅いレースを見極めるようにしています。

そうすることで、的中率を上げるだけでなく、結果的に回収率も大きく上げることができるからです!

特に、競艇場の特徴は堅いレースを見極める上で非常に大きな指標となります。

競艇場は日本全国で24場ありますが、その中でも堅いレースが期待できる競艇場は以下の3場です。

堅いレースが期待できる競艇場

・大村競艇場(ボートレース大村)
・芦屋競艇場(ボートレース芦屋)
・徳山競艇場(ボートレース徳山)

上記の競艇場は、インコースの勝率が抜群に高く堅い決着のレースも多いため、競艇予想のプロ達も頻繁に舟券を買っています。

詳しくは以下の記事をご覧ください!

➡ 「【競艇場の特徴】競艇予想しやすい!おすすめ競艇場3選!!」へ

では、他の競艇場では一切舟券を買わないのかというと、そういうわけではありません。

風の強さや天候など、その日のレースの状況を見て「これならいける!」と自信が持てた際は、高配当を狙って敢えてインコースの勝率が低い競艇場を選ぶ場合もあります。

そういった的中の自信が持てるレース以外では、堅いレースを狙って舟券を買っているというわけです。

オッズのズレを見極める


競艇のオッズは、舟券を購入する人によって変動します。

当然、舟券を買う人が多ければ多いほどオッズは下がっていきます。

人気のあるレーサーを絡めた舟券の場合、買う人が多いためオッズも安くなりやすいですが、ごく稀に期待値以上にオッズが高くなることがあります。

特に、競艇の単勝や複勝では購入する人が少ない分、オッズが変動しやすいです。

誰か一人が一人の選手に大量投票すると、それだけで他の選手のオッズが上がります。

中には、あえて一番人気以外の選手に大量投票する人もいるため、1着が堅いと思う選手がいた場合、単勝や複勝のオッズも確認するといいでしょう。

特に、競艇予想のプロと呼ばれる人達は、単勝だとしても1.1倍以上の配当が期待できれば迷わず舟券を買います。

何故なら、配当が安くても大量投票できるだけの軍資金があるので、十分に稼ぐことが可能だからです!

競艇初心者に多いですが、あえてオッズを確認せずに舟券を買う人もいます。

ですが、競艇で回収率を上げるためには、最後までオッズを見ながら舟券をどう買うか考えなくてはならないのです!

その日のレースの傾向をチェックする


ご存じの通り、競艇は屋外で行う競技です。

なので、少なからず天候の影響を受けることになります。

特に、風が強く吹く日などはレースが荒れやすくなり、不確定要素も強まるため予想が非常に難しくなります!

競艇予想のプロは、安定して堅い配当を取り逃さないことを重要視しているため、極力レースが荒れる要素を排除しようと考えます。

そのため、一見すると堅そうなレースがあっても、その日のレースの傾向によっては深追いをしないこともあるのです。

大村競艇場や芦屋競艇場などのイン逃げ率の高い競艇場は、普段は堅い決着が多く荒れにくいイメージが強いですが、春先などの風の強い日や雨や雪で視界の悪い日はイン逃げ率が大幅に下がります。

競艇予想のプロは、確実に勝負できるレースかどうかをチェックすることで、舟券の回収率を上げているのです!

TOP

プロの舟券の買い方


ここまで、舟券を買う際のプロの着眼点について解説していきました。

ここからは、具体的なプロの舟券の買い方について紹介していきます!

三連単の買い目点数は10点以内


競艇予想のプロが最優先で徹底している舟券の買い方が、三連単の買い目点数を10点以内にすることです。

競艇の王道の賭け方とも言える三連単は、かなりの頻度で10倍~50倍の配当がつくため、いかに的中した時にトリガミを回避できるかが稼ぐ上でのポイントになっていきます。

例えば、三連単をボックスで1点1,000円賭けの50点で買った場合、舟券代は50,000円になります。

仮に的中して40倍の配当が付いたとしても、配当金は40,000円となりトータルの収支は-10,000円です。

買い目点数を増やせば的中率を上げることはできても、それ以上に回収率は下がっていくので、結局稼ぐことがより困難になるのです!

買い目点数が10点以内なら、的中した時に配当が低くてもせいぜい配当金と支出がトントンになることがほとんどなので、どれだけ多くなっても買い目点数は10点以内に抑えることが理想的なのです。

レースの本命が2人いる時は1着と3着を予想の軸にする


レースの本命が2人いる時に、競艇予想のプロが行っている買い方で「1着・3着軸フォーメーション8点買い」というものがあります。

例えば、レースの本命が1号艇と4号艇だったとしましょう。

その時に、1号艇と4号艇を1着と3着の軸にして2着を全通りで流す「14-全通り-14」という買い目で舟券を買います。

そうすると、買い目は以下の通りになります。

本命が1号艇と4号艇の場合の「1着・3着軸フォーメーション8点買い」の買い目

・1-2-4
・1-3-4
・1-5-4
・1-6-4
・4-2-1
・4-3-1
・4-5-1
・4-6-1

レースの本命が2人いる場合、ターンの競い合いで片方の本命は流れやすくなり、結果的に3着になりやすいのです。

競艇予想のプロはそれを理解した上で、レースの本命が2人いる時は1着と3着に固定して舟券を買っています!

私も実際にこの方法を試したら的中しましたので、是非参考にしてみてください!

TOP

まとめ:負ける人もいれば勝つ人もいる


ここまで、競艇で食べているプロの着眼点や舟券の買い方を紹介させていただきました!

競艇予想のプロ達は、様々なデータを分析し、数多くの情報の中から自分なりの予想法を確立して舟券を買っています。

競艇はギャンブルなので、負ける人もいれば勝つ人もいます。

当然、どれだけ的中のために努力しても必ず予想が的中することなどありえないので、プロが負ける人の立場になることもあります。

ですが、トータルの収支をプラスにできているプロ達は皆、すべからく努力してきた人達なのです!

なので、競艇で上手く儲けることが出来ていない人は、プロの取り組み方を真似てみるのも良いと思います。

ですが、競艇初心者でもプロより競艇で高い結果を出せる可能性のある方法が一つだけ存在します!

それは、競艇予想サイトを使うことです!

競艇を研究し尽くした筋金入りの予想のプロ達が、一般の競艇ファンでは真似できない独自の視点で予想を組み立て、買い目を提供してくれるのです。

そして、嵐舟ボートレースでは実際に使って稼げた優良サイトを一覧にしてまとめてあるので、この機会にチェックしてみましょう!

優良予想サイト一覧へ

TOP

こちらの記事も合わせてチェック!

嵐舟

いつでも脱サラできるくらい競艇でしこたま稼いでいるサラリーマンです。
ブログで当たる予想サイトと当たらない予想サイトを検証しています。
競艇で稼ぎたい方はぜひご参考ください。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。