【4月6日】今日は日本で初めてボートレースが開催した日…当時の舟券の値段はいくら?

  1. ニュース
  2. 20 view

【4月6日】今日は日本で初めてボートレースが開催した日…当時の舟券の値段はいくら?

1952年4月6日、日本で初めての「モーターボートレース」が、長崎県大村市にあるボートレース大村にて開催されました。
公営競技としてボートレースが行われたのは、世界初となります。

戦後間もない1946年に競馬が復活し、1948年には競輪、1950年にはオートレースがスタートするなど、いわゆる「公営競技」によって地方自治体の財源を確保する動きが続いていました。
1951年にモーターボート競走法が制定され、翌年、日本初のボートレースが開催されることになります。  

初開催のポスターを見ると、舟券は今と同じく1枚100円。
現在の貨幣価値は1952年当時の約7倍にもなります。
つまり、1枚の舟券を買うのに約700円も払わなければならない計算になります!
恐ろしく高いですね...今のリーズナブルな価格で舟券を買えることがどれだけありがたいことかww

大村市モーターボート競走事業管理者の馬場宏幸さんは、「初のレースは69年も前になりますが、当時は、国内や諸外国にも例を見ない、まったくゼロからの取組でした。強い信念と情熱を捧げ、大変な勇気と決断力をもって取り組まれた方々がいたおかげで、今があります。
当時は戦後すぐで、財政難に苦しんだ時代でした。未知のボートレース事業に着目され、誘致し、競艇場の開設までおこなわれたことは、私たちの想像をはるかに超える苦労があったと思います。  
現在はスマホが普及し、ボートレースに限らず、すべての公営競技において電話投票・ネット投票が主流になっています。  
しかし、レース場は事業運営の根幹です。今後も公正・安全な競技運営をおこない、ボートレース場のイメージアップをはかり、ファンの皆さまの期待に応えていきたいと思います。」と語りました。

TOP

初心者でも舟券を当てる方法


自力予想が不的中続き…賭けるからにはやっぱり的中させたい!
そんな時は予想のプロに頼るのが一番です!
自分じゃなかなか出来なかったであろうコロガシ成功までさせてもらいました。

毎月順調に右肩上がり…でちょっと怖い。
そのうち大きくマイナス食う時も絶対あるだろうし、払戻しの半分は貯金に回すくらいの慎重さは忘れないw

老後は余裕ある生活を送るために3,360万円必要だって言われているので、その為にも貯蓄しなければ。。

よくお世話になっている優良予想サイトがあるので一度そちらを覗いてみてください!
豊かな生活を送れるよう競艇で稼ぎましょう!

優良予想サイト一覧へ

TOP

嵐舟

いつでも脱サラできるくらい競艇でしこたま稼いでいるサラリーマンです。
ブログで当たる予想サイトと当たらない予想サイトを検証しています。
競艇で稼ぎたい方はぜひご参考ください。

記事一覧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。